バストアップのツボを刺激する方法

バストアップのツボを刺激する方法

バストアップのツボを刺激する方法

バストアップ方は食べ物、マッサージ、サプリなど色々な方法がありますが、私が紹介するのはツボです。バストアップに女性ホルモンは必要不可欠です。そして血液やリンパの循環を良くすることが大切です。ツボを押して、女性ホルモンの分泌を促進し、血液やリンパの流れを良くする事で、大きくなりやすいバストを作ります。

 

バストは、大部分が柔らかい脂肪と硬い乳腺組織でつくられています。脂肪は乳腺の周りに付くので、バストアップするには それを発達させて、脂肪が付きやすくする必要があります。女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンがあります。

 

エストロゲンは乳腺を発達させる作用があり、エストロゲンが多ければ乳腺も発達するので、ツボを押すことで発達させることで、女性ホルモンの分泌を促進させます。そして血液やリンパの流れをよくするツボを押すことで、血液やリンパの循環を良くなり、エストロゲンを滞りなくバストを巡らせるようにします。

 

バストアップに効果があるので、もちろん バストのたるみにも効果があります。

 

まず女性ホルモンの分泌を促進するツボを【だん中】といいます。その場所は ちょうど 左右の乳首を結んだ線の真ん中にあります。 そこを押さえてみて下さい。少し痛む場所が【だん中】です。

 

そこに指をあて、徐々に力を加え強めに3秒押します。 ゆっくりと抜きながら指を離します。 【だん中】は女性ホルモン分泌かかせないので必ず行いましょう。

 

乳腺を発達させるツボ【天渓】といいます。その場所は 乳首と同じ高さにあり、バストの両側にあります。 骨と骨の間にある押すと痛むところが天渓です。そこを親指でおしながら、左右の乳房を持ち上げ、ツボから内側に向かって押します。 片側でなく左右を同時におこなってください。

 

バストの血行を良くしハリをアップさせるツボは【渕腋】といいます乳首から10cm位外側の脇の下にあります。 押すと少し痛むところが【渕腋】です。ここを親指で同時に押します。 血行がよくなるので、栄養の流れがよくなりさらにバストアップに効果的なツボです。

 

この3点のツボを5回ずつ押します。風呂に入りながら行うと血液の循環が良いので効果的です。
カラダもリラックスしているバスタイムに毎日続けることが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ