とりあえずストップ!恋活疲れを防ぐためにやるべきこと3選

とりあえずストップ!恋活疲れを防ぐためにやるべきこと3選

とりあえずストップ!恋活疲れを防ぐためにやるべきこと3選

彼氏が欲しくて恋活を頑張っている女性ほど、上手くいかないと疲れやすくなります。
あれこれ努力しても一向に進展しないのは、恋活疲れが原因かもしれません。

 

恋活中はさまざまな事に取り組むものですが、習慣化してしまうと面倒だと感じることも多いです。
今回は、そんなツラい恋活疲れを解消するために、どのような方法を試せば良いのか検証してみました。

 

アプリを休止する

 

 

恋活の主流はネットで相手を探せる恋活アプリですね。
登録してみると、意外と理想の相手がたくさんいることに気がつくはずです。

 

 

毎日のように男性からメールがきて楽しいですが、この習慣に疲れることもあります。
必死にプロフ検索したり、メールがきたらすぐに返信することが面倒に感じるからです。

 

 

小まめにログインしてチェックする女性ほど、相手に気を遣って振り回されやすくなります。
なので、一度アプリを休止して、本当に自分が望んでいる相手について考え直してみましょう。

 

 

合コンや街コンをやめて自分の時間を確保する

 

 

恋活アプリより疲れやすいのは、直接男性と会うような合コンや街コンです。

 

 

一度顔を合わせたら、あまり気が進まなくても、お開きになるまで帰りづらいので疲れます。

 

好みのタイプがいればともかく、ほとんど会話が弾まない相手と一緒にいるのは時間の無駄です。
帰宅してからグッタリすることが続くなら、しばらくは自分1人でゆっくり過ごす時間を確保しましょう。

 

 

.SNS投稿をストップする

 

 

出会いのチャンスを広げるために、インスタグラムやツイッターで自撮り投稿をしている女性。

 

 

アルバム作成程度の気分で行っているなら良いのですが、男性を意識しているならストップしましょう。
写メ加工をして投稿し、コメント返信に時間をとられるのは、想像以上にストレスが溜まるからです。

 

 

SNSでもコメントのやり取りは多数の人達の目に晒され、人付き合いが上手くできないと精神的に追い込まれます。
それから、頻繁にSNSで自分アピールしている女性は、男性からあまりウケが良くない事実にも目を向けましょう。

 

 

一時的に休止するか、もしくは投稿の頻度を減らすなど、義務感を感じないように上手にコントロールしてください。

 

いくら頑張っても努力が報われないとか、理想の相手像が浮かばないのは恋活疲れが原因かもしれません。

 

疲れを癒すポイントは「ストップ」することで、今やっていることを一度止めて立ち止まる勇気をもってください。
誰でもスイッチがONのままだと疲れますから、定期的にOFFの時間をとり、心の疲れを癒すようにしましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ