スロートレーニングでしなやかボディに

スロートレーニングでしなやかボディに

スロートレーニングでしなやかボディに

女性が筋トレをしようと考えるなら、スロートレーニングはいかがでしょうか。スロートレーニングというのは、筋肉の緊張を緩めず、ゆっくりとした動作で行うトレーニングのことです。たとえばスクワットを例に挙げると、ゆっくりと膝を伸ばしていき、伸ばしきる直前でしゃがむ動作に移る動きをします。高重量のダンベルやバーベルを使わないため、関節への負担が少なくて安全に行えます。そのため女性や高齢者に向いていると言えます。

 

女性が筋トレを考える場合、ダイエット目的であることが多いかと思います。筋肉を鍛えると男性のようにムキムキになることを心配する人もいるかもしれませんが、女性は、男性ホルモンの一種であるテストステロンをわずかしか作れません。テストステロンは筋肉量の増加を促します。したがって、筋トレをしたからと言ってムキムキの体には簡単にはなれないのです。安心して筋トレしましょう。
 痩せたいと思う女性は食事制限をするより、きちんと三食食べて筋トレをしましょう。

 

筋肉量を増やすことによって基礎代謝量が増えます。じっとしていても痩せる体質になるのです。また、筋肉の原料はタンパク質です。卵、肉類、青魚、大豆製品、乳製品を摂るようにしましょう。せっかく食べたたんぱく質も、筋肉の材料として合成されるとき、ビタミンやミネラルが不足していると合成できなくなります。肉だけ食べていればいいのではなく、バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

そして忘れてはいけないのが適切に休息を取ることです。筋トレをすると筋線維が損傷します。休息している間に成長ホルモンが筋肉を修復してくれるので、そのあとは筋肉量が増えるのです。2日に1回、忙しい人や年配の人は3日に1回は休息を取るようにしましょう。

 

筋肉を修復するための成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。成長ホルモンは日中に紫外線によって傷つきた肌も修復してくれます。お肌のためにも睡眠時間はしっかりと取りましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ